小室哲哉、AAA新曲で約2年ぶり作曲活動復帰

AAAのメンバーたちと小室哲哉(手前)  [拡大する]

AAAのメンバーたちと小室哲哉(手前) 

■その他の写真ニュースはこちら

 音楽プロデューサーの小室哲哉が、5月5日に発売される男女7人グループAAA の新曲を作曲し、約2年ぶりに作家活動を始めていたことが8日、わかった。小室は「始めの一歩なので、作曲からスタートさせていただきました」とコメントしている。

 2009年5月に執行猶予付きの有罪判決を受けた小室が、約2年半ぶりに作曲を手掛けたのは、AAAのシングル「逢いたい理由/Dream After Dream〜夢から覚めた夢〜」の2曲。KEIKO(globe)のソロアルバム『O-CRAZY LUV』(2008年4月30日発売)以来となる。

 所属レーベルは、「アーティストとして着実にステップアップしているAAAが2010年、更なる飛躍を遂げるべく、楽曲制作活動中の小室哲哉に楽曲提供を依頼した、と説明。制作活動の進行状況、提供楽曲の選定などの準備、制作期間を経て決定。5月リリー スに至る」と説明している。

 小室は「活動を再開出来た事は率直に嬉しく、周囲の皆様、ファンの皆様に心から感謝しております。作曲家として世の中に楽曲を送り出す事が出来るのがとても嬉しく、ただそれに尽きます。その楽曲を気に入っていただけたら、それ以上の喜びはありません」と話している。


 AAA

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について