杉本有美、地元・大阪で“美脚”披露してノーバウンド始球式!

杉本有美(C)ORICON DD inc.  [拡大する]

杉本有美(C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 女優で歌手の杉本有美が20日、大阪・京セラドームで行われたプロ野球・オリックス対東北楽天の開幕戦で始球式を行った。「ゆっくりと、大きく投げる」ことを意識しながら、スラッとした美脚がのぞくピンクのホットパンツ衣装で、日高剛捕手のミットへノーバウンド投球。地元・大阪での“登板”ということもあり「両親と姉が見に来ています。(自己採点は)95点ですね!」と、満足げに振り返った。

 今年から同球場に新設された『アヴァンスシート』の、スポンサー企業のイメージキャラクターを務める杉本は、同社の連絡先にちなみ「564(ゴムヨウ)」という背番号が入った可愛らしいユニフォーム姿で登場した。この日、球場には早朝から多くのファンが詰め掛け、当初の予定より10分繰り上げて開門。多くのファンの熱気や声援を背に杉本は緊張の面持ちで、自身2度目となるマウンドへ上がった。

 杉本は、とある水着メーカーのイメージガール時代(およそ4年前)に挑戦した始球式を思い出しつつ「速く投げすぎると変な方向にいっちゃうので、ゆっくり大きくを心がけて投げました」とコメント。以前から、野球好きの実父の影響でプライベートでも同球場にはよく訪れていたといい「体を動かすのが好きなので楽しんでやれました! スポーツはいいですね!」とさわやかな表情で締めていた。

期待の新星からベテラン選手までの話題が満載!「スポーツ」関連ニュース記事一覧

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について