石原さとみ、本木雅弘の妻役に 「ドキドキと幸せ感じる」

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の結婚式シーンを収録した石原さとみ  [拡大する]

NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の結婚式シーンを収録した石原さとみ 

■その他の写真ニュースはこちら

 俳優・本木雅弘が主演を務めるNHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』の収録が15日(水)、都内で行われ、本木演じる秋山真之(さねゆき)の妻・季子(すえこ)を女優・石原さとみが演じることが発表された。この日は2人の結婚式のシーンが撮影され、明治時代独特の裾引きの着物姿をお披露目した石原は「本木さんを見てドキドキと幸せを感じる」と照れ笑いを浮かべた。

 四国・松山出身の秋山好古・真之兄弟と正岡子規たちの青春群像や、日露戦争を描く司馬遼太郎原作の同作。石原との夫婦役に本木は「初々しさと、石原さんの持ち味の天然の朗らかさが何ともいえない」とニッコリ。石原は「(本木は)人見知りする人と聞いていたけど、話してくれるし、目がキラキラしてる。幸せ(に感じた理由)は本木さんだから」と相思相愛ぶりをアピールした。

 また、真之の「男子たるもの結婚することは半分棺桶に入るもの」という結婚観について、本木は「季子さんは才色兼備でユーモアを持ってる女性。実際、惹かれてたと思う。現に男子4人、女子2人を育てている。なんだかんだうまくいったと思う」と話し、笑いを誘っていた。

 ドラマ『坂の上の雲』の1部は2009年11月29日(日)より放送。2部は2010年秋、3部は2011年秋放送予定の全3部作となっている。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について