サントリーとキリン、来年7月からの共同配送で年間46.0トンのCO2削減可

■その他の写真ニュースはこちら

 飲料メーカーのサントリーとキリンは24日(水)、2009年7月から清涼飲料商品の共同配送を行う事を発表した。エリアは一部地域を除いた千葉県内が対象。千葉市稲毛区にあるサントリーの物流拠点にキリンの商品を集約・得意先に対して共同配送を行う。同取り組みにより両社合計で、年間46.0トン(約11%)のCO2削減が可能になる。

 両社はこれまでにも環境負荷低減をテーマに協力体制を模索しており、07年10月には資材調達の協力に合意。段ボール原紙の共同調達や、缶蓋の規格共有化などを行ってきた。また、両社は和歌山県内では共同配送のテストを行っており、「配送およびピッキングの効率化を実現し、環境負荷低減にもつながることが検証された」ことを受けて千葉県内での実施が実現した。

 同取り組みの拡大については「今回の共同配送での成果を見たうえで」としているが、両社とも「環境負荷の低減とお客様へのサービス向上を推進するとともに、さらなる持続可能な社会の構築を目指す」と述べている。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について