冬のボーナス、25%が5割程度を貯金

■ランキング表と円グラフはこちら

 冬のボーナスに一喜一憂する季節となったが、オリコンがアンケートを行ったところ、ここ2〜3年で支給されたボーナスに対しての満足度は【あまり満足していない】という回答がもっとも多く、あまり満足度は高くはなかった。ガソリンをはじめ、様々な物価が上昇し、ボーナスで何かを買う、というより“貯金する”という人も少なくないかもしれない。では、果たしてどのくらいを貯金する人が多いのだろうか? アンケートで調査した結果、【5割程度】という回答が25.4%ともっとも多いことがわかった。

 今回の調査はボーナスの貯金について、、20代社会人、30代、40代の、女性各150人、合計900人にインターネット調査したもの。【貯金はしない】、【1割〜】〜【9割〜】、そして【すべて貯金】という選択肢で行った。その結果、もっとも多かったのが【5割程度】という回答で25.4%に。

 男女の差を比較すると、それぞれ1位は総合と同様【5割程度】だったが、女性の2位には【2割程度】、男性の2位には【3割程度】と、男性の方がほんの少し、貯金の比率が高いことがわかった。なお、【貯金はしない】という回答は男性では3位、女性では4位となった。

 日本経団連が13日(木)に発表した大手企業の今冬のボーナス妥結額の平均は89万2318円。3年連続で過去最高額を更新、増加は5年連続とのことだが、貯金する比率に対しては、それぞれ様々な思いを秘めていそうだ。 ちなみに、ここ2〜3年の冬のボーナスの満足度についての調査では、【あまり満足していない】27.8%、【まったく満足していない】26.5%と、半数以上が満足していないことになっていた。

(11月9日〜11月13日、自社アンケート・パネル【オリコン・モニターリサーチ】会員の、20代社会人、30代、40代の、女性各150人、合計900人にインターネット調査したもの)


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について