有吉弘行がNHKゴールデン初司会! “新オトナ流”処世術を説く

有吉弘行 [拡大する]

有吉弘行

 タレントの有吉弘行(37)が、10代後半のハイティーン向け新番組『オトナへのトビラTV』(4月5日スタート 毎週木曜 後7:25 Eテレ)で司会を務めることが15日、わかった。芸能界の厳しい浮沈を経て復活、今や八面六臂の活躍をみせる有吉がついにNHKゴールデン初進出。そのトーク術をいかんなく発揮して“新オトナ流”の生き方を若者に説く。

 番組のテーマはNHKらしく「まじめ」。経済不況に就職難、心の病…厳しい現実に直面したとき、どのように対処すればいいのか? 知っていれば得する生きる力=ライフスキルを、これから社会に旅立つ若者に向け有吉節で伝えていく。

 ゲストには毎回、視聴者と同世代の10代〜20代前半のゲストが登場。先ごろ終えた初回収録を前に「こんなまじめな番組でいいのか?」と緊張していたというスタッフだが、「とても真摯な感じでティーンに向けて語りかけて下さいました。ぜひ、有吉さんの“新しい”一面をお楽しみに」(番組プロデューサー)と、有吉の巧みなMCぶりにスタジオは和やかに、そして終始笑いに包まれたという。

 初収録を終えた有吉は「意外とNHKだから大変かなと思ったのですが、気楽にやれました。鈴木奈々のおかげです(笑)」と謙そん。「若い人の兄貴になりたいわけじゃないですし、なれるわけもないですが」と言いつつ、「でも今の若い子達が何を考えているのかを知ることができるのでいいですね」と前向きに話していた。次世代を担う若者、を担う有吉先生のオトナ発言が注目される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について