“主演女優賞”永作博美、撮影振り返り壇上で涙

当時の撮影を振り返り、思わず涙・・・ 受賞の喜びを語った永作博美 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

当時の撮影を振り返り、思わず涙・・・ 受賞の喜びを語った永作博美 (C)ORICON DD inc.

 女優の永作博美が『第36回 報知映画賞』の「主演女優賞」を受賞し21日、都内で行われた表彰式に出席した。永作は映画『酔いがさめたら、うちに帰ろう。』と『八日目の蝉』での演技が評価され、自身初の「主演女優賞」を獲得。壇上で『八日目の蝉』で共演した子役・渡邉このみから花束を受け取ると「どこよりも早い映画賞で、生まれて初めての主演女優賞です。ありがとうございます」と笑顔でコメント。それでも撮影を振り返ると「このみをかわいいと思えば思うほど、罪の意識にかられて…。そういう思いで過ごしていたのを覚えています。いまだに思い出すと泣いてしまうんです」と涙を流して溢れる思いを語った。

 『八日目の蝉』は、愛人の赤ん坊を誘拐し自分の子として育てた女性と、誘拐された女の子の成長後の姿を通し、本当の親子の絆とは何かを問うヒューマンドラマ。永作は 同作で赤ん坊を連れ去った野々宮希和子役を務めた。

 『第36回 報知映画賞』は、一般投票をもとにしたノミネート方式で各賞が決定。今年は「主演女優賞」を永作が射止めたほか、「作品賞・邦画部門」を映画『八日目の蝉』(成島出監督)、作品賞・海外部門を『マネーボール』(ベネット・ミラー監督)、「主演男優賞」を堺雅人、「助演男優賞」をでんでん、「助演女優賞」を宮本信子、「監督賞」を園子温監督、「新人賞」を砂田麻美監督、「特別賞」を新藤兼人監督、故・原田芳雄さんがそれぞれ受賞した。そのほか新藤監督の花束ゲストを大竹しのぶ、宮本の花束ゲストを中谷美紀が務めた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について