楽しんご、“ドドスコ”封印し悩み抱える子どもにエール

著書『泥だらけ制服』発売記念イベント前に報道陣の取材に応じた楽しんご (C)ORICON DD inc. [拡大する]

著書『泥だらけ制服』発売記念イベント前に報道陣の取材に応じた楽しんご (C)ORICON DD inc.

 お笑いタレントの楽しんごが21日、都内で著書『泥だらけ制服』(ワニブックス刊)発売記念イベント前に報道陣の取材に応じた。同書は、楽しんごが小学校から高校時代までに起こったイジメや性への目覚め、自殺未遂などを隠すことなく綴った壮絶な自叙伝。いつもとは異なり報道陣の質問に真剣な表情で答えた楽しんごは「ここではやるテンションじゃないので」と、恒例の“ドドスコ”を披露せず「同じ環境にいる子どもたちが読んでくれれば、勇気をもらえると思う。興味ある人だけ読んでください」とメッセージを送った。

 執筆に5ヶ月を要した同書では「テレビで言えないことをいっぱい書いた」という言葉通り、殴る・蹴る、恐喝、指をホッチキスで留められる、唇をカッターで切られるなど、過酷なイジメ体験を生々しく描写。「小学生までは女の子が好きだった」ごく普通の男子・楽しんごが、“ある出来事”によって男性を好きになるようになった性の目覚めについても赤裸々に綴られている。

 「過去は過去。今が楽しいので大丈夫」と笑顔をみせる楽しんごだが、当時を思い出すのは容易ではなかったようで、時折言葉を詰まらせながら「読み返したら泣けてきちゃった」と吐露。最近は財布の盗難や紛失などネガティブな事件が続いたが、「お陰さまで仕事がある。なんて恵まれてるんだろうと思います」と感謝した。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について