ロンドン五輪に本気で挑戦! 猫ひろし、カンボジア国籍取得に一歩前進

猫ひろし (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

猫ひろし (C)ORICON DD inc. 

 マラソンで2012年ロンドン五輪出場に向けカンボジア国籍を申請中のタレント・猫ひろし(33)が21日、都内で会見を開いた。同国主要レースで好成績を収め、知名度も高いことから、カンボジアオリンピック委員会(NOCC)のチョモラン理事長は、アジア大会も視野に入れた同国五輪代表への推薦書を猫に贈呈。熱烈なラブコールを受けた猫は「本当にひろし光栄。カンボジアのオリンピック選手団の一員として頑張っていくので、応援よろしくお願いします!」と意気込んだ。

 このまま順当にいくと、カンボジア人・猫ひろし、そしてカンボジア代表ランナー・猫ひろしが誕生する。

 昨年12月の『アンコールワット国際ハーフマラソン大会』では3位、今月16日の『プノンペン国際ハーフマラソン大会』では現役五輪代表選手ヘム・ブンティンに次ぐ1時間16分54秒で2位入賞の快挙を達成。チョモラン氏は「この1年でのマラソン大会での成績やマラソン文化への貢献を高く評価しました。カンボジアのアスリートのよい見本として、これからはカンボジア代表として国際大会に参加していただきたい」と称賛した。

 今年初めにカンボジア国籍を申請した猫は、NOCCからのオファーは国籍取得にあたり“効果大”だといい「100%取得できると信じています」とノリノリ。「オファーを頂いたといっても必ず出場できるわけじゃない。まずは勝たないと」と気を引き締めつつ「ランナーならぬ“ランニャー”として、これからも活躍していきます。背が伸びない分、記録を伸ばしていきます!ニャー!」とポーズを決めた。

 カンボジアではランナーとして知名度を上げている猫だが、無事に国籍を取得した場合も移住はせず、ビザを申請して日本に定住するつもりといい「こっちで仕事は続ける。“外タレ”でギャラが上がるかもしれないので、そういう意味ではウキウキ」と皮算用。今年2月に第1子女児が誕生したばかりだが「妻は応援してくれてる。(国籍が変わったら)自動的に国際結婚になって、子どももハーフってことになりますね」と胸を踊らせていた。

 ロンドン五輪出場という夢を達成すべく、当面の目標は現在カンボジア1位のブンティン選手の自己ベスト、2時間26分超えを目指す。五輪出場ラストチャンスとなる11月にインドネシアで開催されるシーゲームに向け、今後もお笑い芸人と並行して走り込みを重ねていく。

⇒ 猫ひろしオフィシャルブログはこちら!

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について