女優の長谷部瞳が芸能活動再開 デビュー10年で心機一転

芸能活動を再開した長谷部瞳  [拡大する]

芸能活動を再開した長谷部瞳 

 昨年4月に芸能活動を休止し、同年10月に一般男性と結婚した女優の長谷部瞳(26)が、5月1日より新事務所に所属し、芸能活動を再開させたことがわかった。25日付の自身のブログで「新人の気持ちでまた一からいろいろなものを築いていきたいと思います」と再出発をファンに報告した。

 16歳でデビューし、25歳を迎えるにあたって今後の活動に悩み、葛藤を続けていたという長谷部。この1年間で自分の気持ちと向き合い「もう一度飛び込んでみよう!」と再び芸能界復帰を決意したという。

 これまでは「肩に力が入りやすいというか…固く考え過ぎちゃう癖がある」と自己分析し、「何より自分自身の毎日を充実させ、最高に人生を楽しむ!そうでないと人に何かを伝えるこの仕事は出来ないんじゃないか」という結論に至ったと理由を明かしている。

 長谷部は2001年に芸能界デビュー後、2003年に映画『バトル・ロワイアルII 鎮魂歌』で女優デビューを果たし、TBS系『王様のブランチ』のリポーターとしても活動していた。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について