KREVA、初の出版本で初めてのサイン会 「本の出来は90.8点」

初出版本『KREAM ルールなき世界のルールブック』サイン会を行ったKREVA (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

初出版本『KREAM ルールなき世界のルールブック』サイン会を行ったKREVA (C)ORICON DD inc. 

 ラッパーのKREVAが21日、東京・新宿の福家書店で初出版本『KREAM ルールなき世界のルールブック』の発売に合わせ、初のサイン会を行った。本を手に「ありそうでなかった本にしたかった。本には本にしかない魅力があっていいな」と語り、「本の出来は90.8(クレバ)点」とアピールした。

 同書はKREVAのリアルなメッセージと、故・尾崎豊氏のアートディレクションをすべて手がけていたデザイナーの田島照久氏のビジュアル表現とをかけあわせた99作品を収録。自身のライブなどでもよく口にしている「ルールなんて無し あるのはマナー」などといったメッセージを、言葉、詩、短歌、フィクション、ノンフィクション、エッセー、ショートストーリーなど“フリースタイル”で、ユーモアを交えながら綴っている。

 タイトルは「KREVA Rules Everything Around Me.」の頭文字をとって『KREAM(クレーム)』。「クレバが私の周りのすべてを支配するという意味。読者にとって一個でもそういうメッセージがあればいいな」とKREVA。「昔から本を読まない人で通っていたけど、この本が売れたら次も考えたい」と話していた。

 サイン会の整理券は15日より限定150枚で発行され、発売時間の3時間前に150を超える人数が行列をなし、10分で完売した。マスコミによる「囲み取材もたぶん初めて」といい「もっと有名になって、もっとフラッシュを浴びたい。囲み取材の出来は50点」と自分にハッパをかけていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について