原田泰造、さだまさし原作の映画『アントキノイノチ』に出演

遺品整理業のユニフォームを着る榮倉奈々、岡田将生、原田泰造 (C)2011映画「アントキノイノチ」製作委員会  [拡大する]

遺品整理業のユニフォームを着る榮倉奈々、岡田将生、原田泰造 (C)2011映画「アントキノイノチ」製作委員会 

 お笑いトリオ・ネプチューン原田泰造が、映画『アントキノイノチ』(瀬々敬久監督、今秋公開)に出演することが27日、わかった。同作はシンガー・ソングライターのさだまさしが2009年に発表した同名小説の映画化。まだあまり知られていない“遺品整理業”という仕事を題材に、生きることの重さと意味を描く。岡田将生榮倉奈々の初共演作品としても注目されている。

 遺品整理業は、故人の遺品を整理する専門業者。高校時代のある事件がきっかけで、心を閉ざしてしまった永島杏平(岡田)は、遺品整理業という仕事を通じて命の現場に立ち会うことになる。そこで久保田ゆき(榮倉)という女性と出会い、お互いに魅かれあう。ゆきや、仕事仲間の佐相(原田)たちの存在により徐々に心を開き始める杏平。そんなある日、杏平はゆきの衝撃的な過去を知ってしまい…、物語は急展開する。

 ほかに、松坂桃李、檀れい、柄本明、染谷将太、鶴見辰吾、堀部圭亮、吹越満、津田寛治、宮崎美子らが出演する。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について