中村獅童、平岡祐太の女形に 「負けたくない」とライバル心

中村獅童 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

中村獅童 (C)ORICON DD inc. 

 歌舞伎俳優の中村獅童、俳優の平岡祐太らが19日、東京・浅草で行われた舞台『淋しいのはお前だけじゃない』制作発表会見に出席した。股旅の扮装で登場した中村は、今作で女形に挑む平岡に対して「この容姿だからキレイ(になる)でしょ。だから、負けたくない」とライバル心をあらわにし、まだ役作りに入っていないという平岡に時折プレッシャーをかけるなどして笑いを誘った。

 1982年に西田敏行主演でドラマ化された同作は、元消費者金融の取り立て屋ながらも情にもろく、多額の借金を背負う沼田薫(中村)が、大衆演劇「花村月之丞一座」を立ち上げ、興行で借金を返そうと目論む人情喜劇。「歌舞伎以外で女形に触れたのは初めてだった」という中村は「地震で大変な時期にお芝居をさせていただくのはありがたいこと。舞台の上で、精一杯演技して、ハートに届くお芝居をしたい」と、座長としての意気込みを語った。

 「高いハードルは女形」と身構える平岡が「早乙女太一君を見て、舞台の上で流し目をやれたら」と抱負を語ると中村は「稽古してないといいつつ、やってますから。平岡くんに負けてしまいますね〜」と横やりを入れて“したり顔”。また2人の過去の共演作をリポーターから聞かれると「あの映画、なんだっけ?」と平岡に振りながらも、平岡が『いま、会いにゆきます』と言いかけようとすると静止するなど、お茶目なやり取りを見せていた。

 中村の妻役を演じる長谷川京子は「ドラマでは泉ピン子さんがやられてたことで、江戸っ子のノリがあって、共感が持てた。そこは意識していきたい」と張り切っていた。共演者の草刈民代は「今までやってきた世界とは違うので、楽しみで仕方ない」と新境地に胸を躍らせていた。

 ドラマで主演した西田も声で出演する舞台『淋しいのはお前だけじゃない』は東京・赤坂ACTシアターにて6月17日(金)から26日(日)まで上演される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について