D-BOYSの碓井&柳が女装で会見 初の女性役に“乙女心”チラリ

(左から)碓井将大、加治将樹、和田正人、鈴木裕樹、柳浩太郎 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

(左から)碓井将大、加治将樹、和田正人、鈴木裕樹、柳浩太郎 (C)ORICON DD inc. 

 若手俳優集団D-BOYSによる舞台D-BOYS STAGE2011『ヴェニスの商人』製作発表が22日、都内で行われ、役柄に扮して碓井将大柳浩太郎が女装姿で登壇した。碓井は「このメイクをすると(恋人役の)加治(将樹) さんの前では着替えられない。すごく恥ずかしくなる」と“乙女心”をチラリ。柳も「ひざ小僧をつけて座るのが結構アレなんです」と、初めての女性役に戸惑いをみせた。

 今年で5年目を迎える舞台「D-BOYS STAGE」の最新作は、オール男性キャストによるシェイクスピア作品。演出は元劇団グリング主宰で舞台『IZO』『ガラスの仮面』の脚本を手掛けた青木豪氏が務める。

 ヴェニスの商人・アントーニオを演じる和田正人は「不安とプレッシャーに押しつぶされてしまいそう。シェイクスピア作品は食わず嫌いな印象があったけど、単純明快でイメージが変わった。いろいろな見方ができて、作品の深さに引き込まれました」と気合十分。加治は「今まで割と三枚目の役が多かったけど、今回は二枚目。大人な部分を出していきたい」と張り切った。

 報道陣から思わず「かわいい」という声が漏れた碓井と柳の女装姿。どちらが好みかを突っ込まれた和田は、碓井を選び「色気がある。大人の魅力が出てる」と太鼓判を押し、柳に対しては「スネ毛を処理してないので、まだなりきれてないかな〜」とダメ出し。柳演じるジェシカの恋人役の鈴木裕樹でさえも柳の女装の評価は歯切れが悪かった。

 一方、アントーニオと敵対関係にあるユダヤ人高利貸し・シャイロックを演じる酒井敏也は、同舞台への意気込みを聞かれると「イケメンが好きで、とびきりのイケメンとやれるのが嬉しい」とニンマリ。和田から飲み会での“財布”役をお願いされると「任してください。でも、利息はいただく。家庭訪問させていただければ。一泊させていただければ十分」と“オネエ”な一面をみせ、笑いを誘っていた。

 舞台『ヴェニスの商人』は、東京・池袋のサンシャイン劇場にて4月29日(金・祝)から5月8日(日)まで、大阪・イオン化粧品シアターBRAVA!にて5月13日(金)から5月15日(日)まで上演される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について