映画『RAILWAYS 2』製作決定 第2弾は富山地方鉄道が舞台

『RAILWAYS』第2弾は日本海を臨む富山県の富山地方鉄道が舞台  [拡大する]

『RAILWAYS』第2弾は日本海を臨む富山県の富山地方鉄道が舞台 

 昨年5月に公開され、全国で60万人を動員するヒットを記録した鉄道映画『RAILWAYS(レイルウェイズ) 49歳で電車の運転士になった男の物語』の第2弾『RAILWAYS 2』(仮題)の製作が決定した。映画『ALWAYS 三丁目の夕日』シリーズなどで知られる映画プロデューサーの阿部秀司氏が製作総指揮をとるオリジナル作品で、人生を鉄道になぞらえながら、電車にまつわる人々の人生の一コマに光をあてたドラマを描く。

 前作は、島根県のローカル路線・一畑電車を舞台に、俳優の中井貴一演じるエリートサラリーマンが、子どもの頃の夢だった電車の運転士に転職する物語を描き、鉄道ファンだけでなくサラリーマン中高年など幅広い層の共感を得た。

 『RAILWAYS 2』(仮題)は、日本海を臨む富山県を舞台に、長い歴史を誇る富山地方鉄道に42年間勤め、1ヶ月後に定年を迎える男と、男の人生を支えながらも、これからの自分の人生を再び見出そうとする妻の物語。前作の錦織良成監督の下で助監督を務めた蔵方政俊監督がメガホンをとる。撮影は富山県のオールロケとなり、3月中旬にクランクイン、4月下旬にクランクアップを予定。制作はROBOTが務め、松竹の配給で、来年200館規模にて全国公開される。

【動画】新作続々!映画予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー


タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について