深川栄洋監督、サンタバーバラ国際映画祭でコンペ初受賞

映画『洋菓子店コアンドル』は2月11日(金・祝)全国公開 (C)2010「洋菓子店コアンドル」製作委員会  [拡大する]

映画『洋菓子店コアンドル』は2月11日(金・祝)全国公開 (C)2010「洋菓子店コアンドル」製作委員会 

 俳優・江口洋介蒼井優の初共演が話題の映画『洋菓子店コアンドル』(深川栄洋監督、2月11日公開)が、米カリフォルニア州で開催されたアカデミー賞公認『第26回サンタバーバラ国際映画祭』でイースト・ミーツ・ウエスト賞を受賞した。初の海外映画祭での受賞に深川監督は、「デビュー後、初めて頂く賞が本場アメリカの映画祭となりました。認められて嬉しいです。公開を前に緊張していますが、受賞をきっかけに多くのお客様に観ていただきたいと思っています」と喜びのコメントを寄せた。

 同映画祭は米アカデミー賞前に話題作が数多く上映される映画祭として注目される。近年、日本映画の上映も増えており、過去には『容疑者Xの献身』『誰も守ってくれない』、今回は『〜コアンドル』のほかに、『僕と妻の1778の物語』(星護監督)、『ダンシング・チャップリン』(周防正行監督)が上映された。

 『〜コアンドル』は、ある理由でケーキ作りを辞めてしまった伝説のパティシエ・十村(江口)や洋菓子店に集まる人々が、恋人を追って上京してきた女の子・なつめ(蒼井)と出会うことで、みんな少しずつ変わっていく、というストーリー。同映画祭のプログラムディレクターは「情熱的なキャラクターと、繊細な職人技と、スイーツを絶妙にブレンドした“おいしい映画”」と絶賛した。

 深川監督は1976年生まれ。自主制作映画からメジャーに進出し、『60歳のラブレター』(2009年)、『半分の月がのぼる空』(2010年)、『白夜行』(公開中)、『神様のカルテ』(8月27日公開)等を手がける。次代の担い手として期待されている監督の一人だ。

【動画】映画『洋菓子店コアンドル』予告編⇒


◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について