アジャコング、WAHAHA本舗一座で初舞台「テンパってる」

初舞台に立ったアジャコング (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

初舞台に立ったアジャコング (C)ORICON DD inc. 

 女子プロレスラーのアジャコング(40)が4日、昨年7月1日付で移籍したWAHAHA本舗の全体公演『ワハハの力』(4月16日〜23日 東京・赤坂ACTシアター)のプレイベントに出演した。映画主演などはあるものの、今回、女弁慶役で初舞台を踏むアジャは「けいこを毎日やってて、わけわかんなくてテンパってる」と戸惑いをかくせず、この日は西郷隆盛に扮して歌声を披露した。

 WAHAHA本舗の全体公演「力(POWER)」第3弾となる今作は、1時間ノンストップで展開する豪華エンターテインメントショーと、ハートフルコメディで贈る大河歌謡ドラマ「幕末伝」の2部構成。この日行われたプレイベント「輝け!フォークソング大賞」では所属芸人らが幕末の人々になりきって替え歌を熱唱し、1位の省吾+αには賞金10万円が贈られた。

 爆笑、失笑さまざまだったイベントを振り返って司会を務めた久本雅美は「観た皆さんは申し訳ないですけど、すべて忘れていただいて……」と苦笑い。近づくバレンタインデーに「特定の方はまだいません! どうしましょう」、アジャは「チョコレート配りたいとは思ってますけど、もらってくれますか?」と報道陣に逆に問いかけ、笑いを誘っていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について