友近、念願かなった! 『アニー』でミュージカル初挑戦

ミュージカルに初挑戦する友近 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

ミュージカルに初挑戦する友近 (C)ORICON DD inc. 

 お笑いタレントの友近が、毎年恒例の『アニー』でミュージカルに初挑戦することになり26日、都内で行われた制作発表に出席した。孤児院院長のミス・ハニガンとして出演する友近は「『アニー』であれば、バラエティ蹴ってでもやらせていただきたいくらいだった。いつもは1人コントなので、皆さんとやるのが新鮮。発声とかが違うんでしょうね」と胸を躍らせた。

 今年で日本初演から26年目を迎える同ミュージカル。コントなどで舞台経験がある友近だが、本格的ミュージカルは初めて。「『アニー』のネタを作って、自分がアニー役をやってた。その真似はできないけど、自分なりのハニガンを作っていきたい。いじわるな役だけど、真剣に演じたい」と大張り切り。ハニガンがいじめるアニー役の二人から「思いっきりお尻叩いても大丈夫ですよ」と頼もしい返事で、友近は「嫌いにならないでね」と肩をすぼめた。

 約9000人の中からオーディションでアニー役に選ばれた近貞冬奈と高地杏美(ダブルキャスト)は「本公演まで成長して、感動するような歌を歌いたい」と意欲的に語り、この日は登壇者全員で代表曲「トゥモロー」を合唱した。

 昨年に引き続き、目黒祐樹が大富豪オリバー・ウォーバックス役、太田彩乃がリリー役を務める。また、ウォーバックスの秘書・グレースを初めてダブルキャストで展開し、東京公演では元宝塚星組トップスターの香寿たつきが、地方公演では同じく元宝塚月組トップスターの彩輝なおが演じる。

 1986年の初演以来、昨年で四半世紀を迎えたミュージカル『アニー』。26年目の今年は『新生アニー』として東京・青山劇場で4月23日(土)〜5月8日(日)、8月から大阪、仙台、名古屋でも上演される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について