【オリコン】 顧客満足度の高い企業が出揃う 『CSランキングアワード2011』発表

表彰式の模様 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

表彰式の模様 (C)ORICON DD inc. 

 “顧客によるサービス利用満足度”によって決定する『オリコンCS(顧客満足度)ランキングアワード2011』が1日、東京・白金台の八芳園で行われた。アクトス(フィットネスクラブ部門)、早稲田塾(大学受験塾・予備校部門)、パソナ(人材派遣会社部門)など、一般生活者の関心が特に高い21ジャンルで同ランキング1位に選ばれた21社に加え、2010年度版の受賞企業4社(4ジャンル)の計25社が表彰され、各企業の代表者たちはトロフィーを受け取った。

 2006年8月よりオリコンが発表している同ランキングは、“顧客によるサービス利用満足度に基づいたランキング”で、実際に利用経験者の声を集めたデータは、1人あたりの回答を点数にしてポイント算出するため、業界シェアとは関係なく、利用者が本当に評価しているサービスが可視化できるというもの。2008年10月からは学術研究を踏まえ、慶応義塾大学と顧客満足度に関する調査方法と指数化モデルの研究について、産学連携の共同研究を行っている。

 引越会社部門で受賞した引越社(アリさんマークの引越社)の代表取締役社長・空雅英氏は、3年連続の1位に輝き「1位を狙うことに意義がある」とコメント。英会話スクール部門で5年連続総合1位を獲得した7アクトの代表取締役・トーマス理恵氏は「講師にも、私にもいい刺激になっている」と語り、各企業からはユーザーの立場に立ったサービスの向上と真摯に向き合う姿勢が感じ取れた。

 授賞式にはタレントで女医の西川史子も登壇し、医師と主婦の目線でそれぞれトークを繰り広げた。なお、早稲田塾、7アクトのほか、SBI証券(ネット証券会社部門)の3企業は5年連続での1位獲得。パソナ、ステーションカンパニー(エスティックサロン部門)、リクルートエージェント(人材紹介会社部門)の3企業が4年連続1位となった。

⇒ 【最新版】オリコン顧客満足度ランキング一覧はこちら!

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について