秋ドラマ続々スタート! 世相を反映した“カネ”が高視聴率に直結

今期初回視聴率でトップを獲得したドラマ『相棒9』(c)テレビ朝日  [拡大する]

今期初回視聴率でトップを獲得したドラマ『相棒9』(c)テレビ朝日 

■初回視聴率TOP5

 今年の秋ドラマの初回放送が軒並みスタートし、純愛、社会派、学園ものにミステリーなど全20作以上が出揃った。初回視聴率のトップ(関東ビデオリサーチ調べ)を飾ったのは、放送開始10周年を迎えた人気刑事ドラマ【相棒9】(17.7%・テレビ朝日系)。『相棒』の首位はもちろんだが、世相を色濃く反映した社会派ドラマの健闘ぶりが目立つ。二宮和也主演【フリーター、家を買う。】(フジテレビ系)と女優・米倉涼子主演【ナサケの女】(テレビ朝日系)が17.6%で同率2位。5位には“カネ返せ”のキャッチコピーが衝撃的な篠原涼子主演の【黄金の豚−会計検査庁 特別調査課−】(15.3%・日本テレビ系)が並び、“フリーター”や“税金の未納”など生活に密接し、かつ“カネ”を背景とした作品が軒並み堅調な出だしとなった。

■“フリーター”、“脱税”など社会問題を象徴するキーワードが好調

 今期ドラマのスタート前から高い期待値が寄せられていた【フリーター〜】は、中流家庭に育ち4年生大学を卒業後に新卒で就職するも、3ヶ月で会社を辞め、再就職活動の傍らアルバイトを始めたつもりが、職も無く実家に生活費も収められず、母親に食事、洗濯の一切を任せたまま1年が経過。そんな“ありふれた”フリーターと、その家族の崩壊・再生を見せる社会派ホームドラマ。正規雇用が激減している昨今、最も身近であるにも関わらず見過ごされがちな社会問題を真正面から扱ったことが高視聴率に繋がったようだ。

 そして、奇しくも主演女優が共に“涼子”であり、ドラマのテーマが“税金”と符合点の多い2本のドラマ【ナサケの女】と【黄金の豚〜】もTOP5にランクイン。元詐欺師のワケあり調査員が巨大な組織の不正を暴いていく篠原の姿や、米倉演じる脱税を許さない国税査察官“マルサ”が好評。大物政治家の献金問題やテレビで連日放送された“仕分け事業”を通じて再認識することになった「税金の行方」に視聴者から高い関心が集まった。この他にも未だグレーに包まれた“闇金業者”が主人公となる山田孝之主演の【闇金ウシジマくん】(TBS系)などもあり、“カネ”を背景に人生の転落と再生を描いたドラマが際立っている。

■スタッフやキャストの“再タッグ”作品は事前期待値が視聴率に比例

 秋ドラマのもう1つのキーワードといえるのが、過去の人気ドラマで仕事を共にしたスタッフやキャストの“再タッグ”だ。米倉の代表作『交渉人』(テレビ朝日系)のスタッフが集まった【ナサケの女】や、07年のドラマ『ハケンの品格』(日本テレビ系)で名コンビぶりを見せた篠原涼子&大泉洋による3度目のタッグ【黄金の豚〜】の好調ぶりは前述の通り。これに加え、小栗旬井上真央が“花男”以来の顔合わせとなった【獣医ドリトル】(16.0%・TBS系)が4位にランクイン。また、戸田恵梨香主演【SPEC〜警視庁公安部公安第五課 未詳事件特別対策係事件簿〜】(TBS系)は、1999年に放送されたドラマ『ケイゾク』(同局)の監督・堤幸彦、脚本・西荻弓絵らをはじめプロデューサー、演出家たちが一斉集合している。

 現段階で突出した視聴率を獲得している作品はなく、非常に拮抗した状態でのスタートとなった秋ドラマ。第1話、2話で登場人物や設定の紹介がなされ、物語が本当に“始動する”ともいえる3話以降こそ見応えある展開が期待されることは言わずもがな。数字(視聴率)だけで作品の良し悪しを判断するのではなく、視聴者の心を掴み今後も語り継がれるような“名作”の誕生に期待したい。

>>過去のドラマ視聴率ランキング
2010年 上半期ドラマ視聴率|■2009 年間ドラマ視聴率
>>過去のドラマ期待度ランキング
■2010年 「秋」「夏」「春」「冬」| ■2009年「秋」「夏」


■禁無断複写転載
※オリコンランキングの著作権その他の権利はオリコンに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について