悪人だけど仕事人、妻夫木聡「お仕事くださ〜い」

妻夫木聡 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

妻夫木聡 (C)ORICON DD inc. 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 俳優の妻夫木聡が2日、都内で行われた主演映画『悪人』(9月11日公開)のジャパンプレミアで舞台あいさつに登壇した。これまでのイメージを覆す“悪役”を自ら切望した妻夫木は「役者人生でやれることは出し切りました」と充実の表情。作品名にちなみ、自身を「○○人」と例える質問コーナーでは、昨年主演したNHK大河ドラマ『天地人』と書こうとするも李相日監督を気遣い「仕事人」とした。その一方で「意外に休んでるので、お仕事くださ〜い!」と冗談めかして、観客の笑いを誘った。

 映画は、芥川賞作家・吉田修一氏の同名小説が原作。日本アカデミー賞に輝く『フラガール』(2006年)の李相日監督がメガホンをとり、吉田氏と共同で脚本を仕上げた。保険会社OLの殺人事件をきっかけに始まる男女の悲しい“逃避行劇”を描き、主演を務める妻夫木は金髪の土木作業員・清水祐一役として殺人犯に初挑戦。清水との禁断の愛に溺れるヒロインを女優・深津絵里が務める。

 2人は、月9ドラマ『スローダンス』(2005年)、映画『ザ・マジックアワー』(2008年)以来、3度目の共演。妻夫木は深津を「本当に根性のある女優さん。大きな心で受け止めてくれて、自由に芝居が出来ました」と絶賛した。また「(キャスト陣を)撮影で辛い目に遭わせたので僕は“極悪人”です」と自虐的な李監督は、柄本明から「将来の日本の映画界を背負って立つ男」と大きく持ち上げられ恐縮気味。それでも、共同脚本に挑戦したことには「なかなか体験できないこと。でも、それをどう作品に反映できるか心配だったけど、やっていくうちに心配は吹き飛びました」と自信をのぞかせた。

 今月末開催の『モントリオール世界映画祭』のワールドコンペティション部門にも出品が決定し、李監督は「作品が異文化人にどう伝わるのか気になりますね」と興味津々。何らかの賞を受賞できるかには、『第79回アカデミー賞』の外国語映画賞にノミネートされるも受賞を逃した『フラガール』の苦い経験を思い出したのか「賞は水物(みずもの)なので、自然体に迎えたい」と力まず話した。

 そのほか、舞台あいさつには満島ひかり、樹木希林が出席。歌手・福原美穂も駆けつけ、久石譲作曲の主題歌「Your Story」を歌唱した。

◆映画情報 最新映画ニュース一覧インタビュー バックナンバー

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について