若手社会人の6割が「社内の人間関係」ストレスに 〜週に数回“会社に行きたくない”も半数

会社でストレスを感じている若手社会人が8割  [拡大する]

会社でストレスを感じている若手社会人が8割 

■調査結果

 毎日コミュニケーションズが運営する社会人向けwebサイト「COBS ONLINE(コブスオンライン)」が29日発表した「勤務実態調査」によると、社会人3〜7年目の若手正社員の男女のうち約8割が会社でストレスを感じていることがわかった。原因に【社内の人間関係】を挙げる人が61.0%と最も多く、ストレスが原因で会社に行きたくないと思った回数は【週に数回】(26.4%)が最多、次いで【毎日】(25.9%)となり、週に数回以上“会社に行きたくない”と思う若手社会人が半数以上をしめた。

 現在、仕事でストレスを感じている人は【非常に感じている】が34.1%、【少し感じている】は41.1%となり、合算で75.2%が“ストレスを感じている”と回答。原因は1位の【社内の人間関係】(61.0%)に続き、2位に【仕事内容に関する不満】(57.3%)、3位【将来への不安】(44.8%)が挙がっている。

 また、【社内の人間関係】で特にどういった人間関係にストレスを感じるかには【同性の先輩】(45.7%)が最も多く、次いで【同性の上司】と【異性の上司】が40.5%で横並びとなるなど、【同性】に対する悩みが多く見られた。「ストレスが原因で会社に行きたくない」人も【週に数回】が26.4%、【毎日】が25.9%と僅差となり、大半が週に数回以上“出社したくない”と思いながらも重たい足取りで会社へ向かう若手社会人の姿が浮き彫りとなっている。

 先月3日に日本産業カウンセラー協会を実施した『職場のストレス・不安』に関する調査でも、【ストレスや不安がある】が84%という結果に。どんな人にもストレスや不安はあるものだが、放っておけば体調不良や心の病にも繋がっていくのがストレス。自分自身で何にストレスを感じているのかを自覚し、周囲に相談したり、休暇を取って心身ともにリフレッシュを図る、または転職を考えるなど、解決策を見出すことも重要といえそうだ。

【「勤務実態調査」調査概要】
調査方法:COBS ONLINE会員にメールにてアンケートを送付、WEBから回答。
調査期間:2010年7月6日(火)〜7月12日(月)
回  答:社会人3年目〜7年目の正社員男女457人 (男性:149、女性:308)
調査機関:「COBS ONLINE(コブスオンライン)」(毎日コミュニケーションズ)
※設問「そのストレスの原因だと思うものは何ですか?」は複数回答




■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。詳しいお問い合わせは、弊社広報企画部までお願いいたします。


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について