『龍馬伝』寺田屋の女将に草刈民代 龍馬生母とのWキャストに「やらねばならぬ」

草刈民代 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

草刈民代 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 NHK大河ドラマ『龍馬伝』で、福山雅治演じる坂本龍馬が定宿する船宿「寺田屋」の女将・お登勢役を女優・草刈民代が務めることが6日、同局での会見で発表された。草刈は第1話で演じた龍馬の生母・坂本幸役と瓜二つ。京都における龍馬の母親役という役どころからダブルキャストとして再出演するが、もともとお登勢役でキャスティングされていたという。「母役をもらったのは撮影間際で、初舞台の稽古も始まって無理なんじゃないかと思ったけど、“瓜二つ”という設定で話が展開していくと聞いて、やらねばならぬと思いました」と本格的にスタートさせた“女優業”への責任感をのぞかせた。

 幼少の頃に生き別れた“龍馬”の成長した姿を初めて目の当たりにした際には、「前に立っているのは福山さんというより龍馬さんって感じで、自然にお芝居させてもらいました」。世話好きな女性で尊皇攘夷の志士たちを保護していたというお登勢を演じるにあたり「器の大きい女性ってこんな人なんだろうなと思う。男の人たちの志を汲み取って協力したいと、本心でその志を理解してる人に見えることが一番大事なんじゃないかと思う」と自分なりに役柄を解釈した。

 会見が行われた寺田屋のセットにはこの日初めて足を踏み入れたといい、「(格式が)上の方の旅館と聞いたのでさすがそういう雰囲気で、立派だし重厚感があるというか。当時のイメージがかなり再現されているのではないかと思います」と目を輝かせた。

 制作統括を務める鈴木圭チーフプロデューサーは、草刈のキャスティングについて「『龍馬伝』の女性の男らしさというか骨太さを新鮮にキャスティングしたいと思ったら草刈さんがイメージにピッタリだった。イメージ以上の、男らしいかっこいい女性」と絶賛していた。

 ほかに新たな出演者として小松帯刀役に滝藤賢一、伊藤俊輔役に尾上寛之、小曽根乾堂役に本田博太郎、朝比奈昌広役に石橋凌が発表された。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について