平野綾、一連の“騒動”には一切触れず 出演作品を元気にアピール

都内のスタジオで取材に応じるも、騒動については一切触れなかった平野綾(前列、左から2人目)  [拡大する]

都内のスタジオで取材に応じるも、騒動については一切触れなかった平野綾(前列、左から2人目) 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 自身の体調不良や結婚騒動などで注目が集まっていた人気声優・平野綾が26日、新アニメ『ぬらりひょんの孫』の声優陣らと共に都内のスタジオで取材に応じた。平野は、騒動については一切触れなかったが、「『週刊少年ジャンプ』からのレギュラーものは久々。かなりやる気になっています!」と、作品にかける思いを気合十分に語っていた。

 福山潤堀江由衣ら人気声優陣の間に座った平野は、妖怪がメインの同作で数少ない人間役の声を演じるにあたって「まだ(収録した)1、2話はほとんど登場シーンが無く、これから役を作っていくところ。人間チームもキャラが濃いですが、上手く色づけできれば」と意欲をのぞかせた。

 自身が演じる“普通の人間”役に平野は「私、今まで個性的な役が多かったので“普通”ってどんな感じですかね」。また、妖怪の力が使えたら何をしたい? という問いかけに堀江が「無銭飲食をしてみたい」と冗談っぽく答える一方、「私は、妖気を察したいですね」と返していた。

 同作は、ごく普通の中学生・リクオが妖怪の総大将・ぬらりひょんの“孫”だったことから、仲間の危機に百鬼夜行を率いる男として敵を倒しにいく…というストーリーが展開される。現在、コミックスは9巻まで発売されており、『週刊少年ジャンプ』でも連載中。

 アニメ『ぬらりひょんの孫』は7月より、読売テレビ、TOKYO MX、中京テレビ、BS11ほかで放送。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について