『龍馬伝』新キャスト発表 第4のヒロインに大河初出演の蒼井優

蒼井優 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

蒼井優 (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手で俳優の福山雅治が坂本龍馬役で主演する2010年NHK大河ドラマ『龍馬伝』の新たな出演者発表会見が21日、東京・渋谷の同局で行われ、第4のヒロイン・お元役として大河初出演となる蒼井優、京・近江屋で襲われ龍馬と共に絶命する中岡慎太郎役に上川隆也、陸奥陽之助役に平岡祐太らが発表された。蒼井は「龍馬に心を許してもらう女になるのにはどうすればいいのかと。ハードルの高い役だなと思います」とあいさつ。福山は「中岡と濃密な時間を過ごせたら」と新キャストとの共演に期待をふくらませた。

 広末涼子貫地谷しほり真木よう子に続くヒロイン役に、蒼井は「不安もあり、楽しみもあり。やっと自分の中で『龍馬伝』が動き出す感じ。すでに(岩崎弥太郎役で)撮影に入っている香川(照之)さんからは現場の雰囲気はいいと聞いている。福山さんを支えられたら」と堂々のコメント。上川は「福山さんと一緒に死ねるなんてのは、一生に一度あるかないかのことです」と笑顔で意気込みを語った。

 新キャストのあいさつを受け、福山は「蒼井さんとは初めてですが、すでに香川さんと仲いいみたいでジェラシー。上川さんとは、すでに死ぬみたいになっていますが、演じていると死にたくなくなる。死にたくないと思いながらやっています」と笑いを誘いつつ、充実の表情をのぞかせた。

 すでに発表されていた龍馬の姪・春猪役のAKB48前田敦子も同席し「福山さんが三味線を弾くシーンで、龍馬さんを目の前で見たんですけど、本当にかっこよくて。三味線をモノにしてしまう福山さんは凄いです」とうっとり。福山とは事務所の先輩後輩に当たる平岡は「初めての大河で凄い作品に出演できることは光栄です」と声を弾ませていた。

 そのほか、新キャストに桐谷健太(池内蔵太役)、マイコ(岩崎喜勢役)、池内万作(三条実美役)、天野義久(那須信吾役)もあわせて発表された。

 撮影は先日、福山らが龍馬の故郷・高知県で初めてロケを行うなど順調な様子。風雲児・龍馬を幕末屈指の経済人である岩崎弥太郎の視線から描くオリジナル作『龍馬伝』は2010年1月3日(日)より放送開始。

◆主演・福山雅治の音楽活動に迫る
『福山だからこそ表現できる“恋のカタチ”とは?!』


 福山雅治AKB48

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について