土屋アンナ、初の自作絵本で子供たちに読み聞かせ

土屋アンナの読み聞かせに真剣に耳を傾ける子供たち (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

土屋アンナの読み聞かせに真剣に耳を傾ける子供たち (C)ORICON DD inc. 

■その他の写真ニュースはこちら

 モデルで最近では映画の監督から絵本の執筆まで活動の幅を広げている土屋アンナが25日、東京・TSUTAYA TOKYO ROPPONGIで自作絵本『タウのぼうけん』(講談社)の発売記念イベントに登場。ファンや子供たちの前で自身の書いた絵本の読み聞かせを行った。

 土屋が初めて書いた絵本『タウのぼうけん』は、小さなサカナたちの国を舞台に「一歩踏み出して」外の世界へ冒険の旅に出て行くという物語。土屋は「キャラクターはサカナだけど、人間ではない小さな生き物を大事にする心が芽生えれば嬉しい」「何歳でも子供から大人まで何歳でも、興味があれば読んでほしい」とアピール。制作中から完成までを見続けた4歳の愛息も気に入っているとのことで、「(子供が)先のページをどんどんめくってってしまう(笑)」と満足げ。また、イラストを手掛けたイワタナオミ氏も「いい絵本が出来たと思います。多くの方に読んで欲しいです」とコメントした。

 会場に集まったファンや子供たちに囲まれて、土屋の読み聞かせが始まると子供たちが真剣に耳を傾け話に聞き入っていたのが印象的。この日のための読み聞かせの練習はしなかったという土屋だが、読み聞かせの後にはホッとした表情を浮かべていた。

 なお、この絵本を原作に自身がメガフォンを取った短編アニメ映画「フィッシュ・ボーン」は、3人の映画監督による映画『ブルー・パシフィック・ストーリー』の中の1本として、8月1日より全国公開される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について