新入社員に求める3大要素は「協調性」「素直さ」「向上心」

■ランキング表はこちら

 生命保険会社のライフネットは、20〜50代の有職者1000名を対象に“新社会人に関する調査”を実施した。『新社会人に必要な3大要素』(3つを選択)についての問いには、上位から順に【協調性があること】(45.6%)、【素直であること】(34.6%)、【向上心があること】(33.7%)が挙げられ、現社会人が理想とする新社会人の姿が浮かび上がった。

 同調査をさらに詳しく見ていくと、4位に【我慢強いこと】(28.9%)、5位に【頭の回転が速いこと】(24.0%)、6位に【環境に適応するのが早いこと】(21.7%)、7位に【仕事に対する情熱があること】(18.2%)などが続き、現社会人が新社会人に対して、仕事に関わるスキルの高さよりも精神力や順応性を求める傾向にあることが伺える。

 また、『今の新社会人の方が優れていると思うこと』という問いでは、1位【PCスキル】(61.6%)、2位【知識】(19.1%)、3位【美的センス】(18.9%)といった要素が挙げられる結果に。

 一方、『自分が新社会人だった頃の方が優れていたと思うこと』については、1位から順に【我慢強さ】(54.6%)、【協調性】(37.0%)、【素直さ】(34.6%)がランクイン。“新社会人に必要な3大要素”である【協調性】と【素直さ】の2項目が上位を占める結果となった。

【調査概要】
調査期間:2009年2月16日〜2月18日
調査方法:モバイルリサーチ
調査地域:全国
調査対象:ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員を母集団とする、20代、30代、40代、50代の有職者の男女、各100名、合計1000名


※ライフネット生命調べ

■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。




■気になるアノ人は?『人気者チェック!』
■今、気になる話題『月間注目ニュースランキング』
■人気グラビアアイドルの映像が満載(無料動画)

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について