世界のナベアツのギャグに“世界の北野”も大ウケ【GQ Men of Year 2008授賞式】

北野武  [拡大する]

北野武 

■その他の写真はこちら

 映画監督の北野武とお笑い芸人の世界のナベアツらが、今年最も輝いた男性たちに贈られる『GQ Men of Year 2008』に選ばれ16日(火)、都内で行われた授賞式に出席。ナベアツは得意の3の倍数でアホになるギャグを要所で絡ませ、これには“世界の北野”も大ウケ。「今年だけでなく3(さぁん)年連続(受賞を)頑張ります」と威勢よく吠えたナベアツに対し、北野もかぶせ「もうちょっと映画を当てて2年連続を期待してます」と連続受賞を誓った。

 映画『アキレスと亀』が第30回モスクワ国際映画祭で「特別功労賞」を受賞するなど、輝かしい成績が称された北野は「ここ何年か賞もらってなかった。功労賞とかジジイがもらうような賞ばかりでね。映画、言うまでもないけど頑張ります」と北野節炸裂であいさつ。一方のナベアツは「(受賞者で)唯一の野良犬です」と自虐的に語りつつも「(スーツは)去年まで1着で回してたけど、今年になってから3(さぁん)着作りました〜」と“オモローワールド”を展開。これには北野も肩を上下に揺らしながらご満悦だった。

 同賞受賞の人気グループ・嵐の松本潤は、自身が思う「カッコいい男性像」について質問されると「年齢ではなく、その時に一所懸命な人は素晴らしいと思う。僕もそういう姿勢でいたい」と真摯にコメントしていた。

 アメリカ、イギリス、韓国など世界10ヶ国でも開催されているインターナショナルな同賞にはそのほか、北京五輪銅メダリストの朝原宣治氏、ファッションデザイナーのNIGO、アーティストの村上隆が受賞した。

特集『今年ブレイクした芸人は? 2008年のお笑い界を徹底解明』


 松本潤(嵐)

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について