還暦の谷村新司、“アラ還”アリス再結成に「前向き」

出版記念を兼ねた祝賀会を開いた谷村新司  [拡大する]

出版記念を兼ねた祝賀会を開いた谷村新司 

■その他の写真ニュースはこちら

 歌手の谷村新司が11日(木)に還暦を迎え、都内で代表作「昴」と同名小説の出版記念を兼ねた祝賀会が開催された。今年流行語に選ばれたアラフォーをもじり「還暦前後の人を“アラ還”と呼びます」と宣言した谷村は、堀内孝雄、矢沢透と共にアリス の名曲「チャンピオン」を熱唱。来年アリス再結成に向けて始動したことが発表された件について谷村は「それに向かって前向きに準備してます」と狼煙をあげた。

 歌手活動37年で還暦を迎えた谷村は「1980年の「昴」に導かれてこれまで生きてきた。たくさんの人に支えられて良かった」と感謝。アラ還ど真ん中となり、「結構やる気満々ですよ。アラ還の人って、みんな元気なんで、自分も(歌手活動を)改めてやり続けてやろうという決意が生まれた」と奮起し、アリス再結成の意欲を語った。

 祝賀会では妻の孝子夫人が手紙を読むというサプライズ。初めてという手紙に谷村は「思いがけない“ママ”の手紙に真っ白。一瞬で運命の人だとわかったから、この笑顔と声に包まれていきたいと思ったから、会ったその日からアタックしたんです。改めて愛してます」と感涙しながら想いを告げた。

 また同会では加山雄三と『24時間テレビ』(日本テレビ系)でお馴染みの「サライ」を披露。加山は「還暦というのは新たな出発。今日からスタートです」と人生の先輩としてエールを送り、さだまさしCHAGE 、デーモン小暮ら歌手仲間も祝福の声を送った。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について