なべやかん、亀田興毅のリングインに「会場は盛り上がらなかった」

なべやかん[08年4月撮影]  [拡大する]

なべやかん[08年4月撮影] 

■そのほかの最新写真ニュース一覧はこちら

 7月30日(水)に東京・代々木第1体育館で行われたWBC世界フライ級タイトルマッチ・内藤大助VS清水智信戦を観戦したタレントのなべやかん が31日(木)、自身のブログを更新。「(試合後)リングに亀田(興毅)選手が登場した時に会場が盛り上がるかと思ったら、盛り上がらなかった」と淡々と綴っている。

 内藤選手がKO勝ちを果たした後、突如としてリングインした興毅選手。その勝利を称えるとともに、その場で内藤選手に対戦を申し込む場面があった。おそらく日本中の注目を集めるであろうドリームマッチ実現に向けて一気に加速したシーンを目の当たりに、さぞや会場は大盛り上がり!・・・と思いきや、やかんによると「盛り上がらなかった」。

 また、やかんは「亀田選手は内藤選手より(同日WBA世界フライ級王座を防衛した)坂田(健史)選手とやるべきだと思う」とコメント。そして「でも、それよりも内藤対坂田戦を見たい。日本タイトルで決着ついてないんだから、世界チャンピオン同士で決着つけてほしいね」と日本人による世界フライ級の統一戦に思いを馳せた。



今月の写真ニュース一覧をみる


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について