大手芸能事務所・スターダストが新文庫ブランド創刊 表紙グラビアに女優を起用

■その他の写真はこちら

 大手芸能事務所・スターダストグループのSDP出版が、女優の夏帆ら所属タレントのグラビアと過去の名作で構成された“文庫+写真集”の新ブランドSDP Bunko『文学日和〜晴れたらいいな〜』を創刊することが、このほど明らかになった。今月20日(日)に第1弾として4冊同時発売、第5弾までのシリーズ全20作を予定しており合計で30万部の発行を目指す。

 同社広報担当者は「文学へのへの興味・関心を深めてもらうのが目的です。物語の雰囲気に沿った表紙やグラビアで目をひき、これをキッカケに名作文学に親しんでもらえれば」と刊行理由を説明。第1弾シリーズは夏帆(宮沢賢治『注文の多い料理店』)、山下リオ(夏目漱石『こころ』)、岡本杏理(樋口一葉『たけくらべ』)、早見あかり(芥川龍之介『蜘蛛の糸』の若手女優4人が、表紙と巻頭グラビア8ページを飾る。

 普段から新刊文庫を好んで読むという夏帆は、ORICON STYLEの取材に「最近になって、少し昔の名作にも興味を持ちはじめていて、ちょうどそんな時にこのお話を頂いてびっくりしました。私と同じ世代の人が文学に触れてもらうきっかけになれれば嬉しい」と期待を寄せた。

 第2弾は9月27日に発売予定。期待の新人女優から多くのドラマ出演を果たしてる女優の名も候補にあがっており、第5弾まで順次刊行予定。

スターダストの情報満載『STARDUST press @web』

今月の写真ニュース一覧をみる

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について