井上真央、“愛犬”参考にキャラクターデザイン初挑戦

オリジナルグッズのキャラクターデザインを手がけた井上真央 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

オリジナルグッズのキャラクターデザインを手がけた井上真央 (C)ORICON DD inc.

 女優の井上真央が15日、東京・汐留の日本テレビ内にある日テレ屋を訪問した。同局で放送中の主演ドラマ『トッカン 特別国税徴収官』(毎週水曜 後10:00)のオリジナルグッズのキャラクターデザインを自ら手がけており、陳列された商品を見回しながら「かわいい〜」と大喜び。「こうやってイチからデザインをやらせていただくのは初めてなので、すごく嬉しいです」と自信作をアピールした。

 グッズは、井上演じる内気でドジっ子な主人公ぐー子こと鈴宮深樹の性格を印象づける役割で劇中に登場する、小型犬ボストンテリアをモチーフに制作。自身も同じボストンテリアを飼っているだけに、撮影の合間をぬって順調に完成させた井上は「うちのワンちゃんを参考に、“ぐぅ”って困ってる表情が出せたかな。私もよく困り顔と言われるので、その部分が似ていますね」と自画自賛した。

 税金滞納者のうち、とくに悪質な事案の徴収を担当する特別国税徴収官“トッカン”という職業にスポットを当てた本作。マイナス思考でウジウジした性格の主人公に「受け入れてもらえるか不安もあった」という井上だが「夢や自信も持てないでいる子がどんどん成長していくメッセージ性はあると思う」と手応え。一方で「私もドジっ子でおっちょこちょいなところはありますね」と役柄に共感し、優しく微笑んでいた。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について