マツケン、22年ぶり王様役でスキンヘッドに

(左から)はいだしょうこ、松平健、紫吹淳 (C)ORICON DD inc. [拡大する]

(左から)はいだしょうこ、松平健、紫吹淳 (C)ORICON DD inc.

 俳優の松平健(58)が3日、都内で行われた主演ミュージカル『王様と私』の会見に出席した。1988年9月の公演から3年間で211回演じて以来、22年ぶりに王様役を務める松平は「地頭ですよ。毎日剃ります」と自らスキンヘッドに剃りあげて気合十分。「いろんな人生経験をしてきましたからより重厚というか、二回りも三回りも大きくなっていると思う」と自信をのぞかせた。

 1965年の初演から19回目の公演となる同ミュージカルは、1860年代のバンコクが物語の舞台。劇中衣装に身を包んだタプチム役のはいだしょうこは「今回は黒塗りなので、子どもたちが近くまで来ないと気付かない。普段とのギャップがあるみたい」と苦笑。今年3月に一般男性と結婚した新婚でもあり「(夫が)観に来るって言ってました」と嬉しそうに語った。

 松平とダンスのポーズで決めた七代目アンナ先生を演じる紫吹淳は「大きなドレスを振り回してくださって、とてもヘビーなんですけど重さとともにリードしてくださる」とうっとり。松平は「ミュージカルってなかなか値段が高いけど、今回は3500円なのでより多くの皆さんに観ていただきたい」とアピールしていた。

 ミュージカル『王様と私』は同日から東京・五反田のゆうぽうとホール公演を皮切りに全国18都道府県をまわる。

⇒⇒ ミュージカル『王様と私』のチケット発売情報

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について