大江千里、52歳でジャズピアニストとして全米デビュー!

“大型新人”大江千里 [拡大する]

“大型新人”大江千里

 シンガー・ソングライターの大江千里(51)が、今秋発売のアルバム『Boys Mature Slow』(ヴィレッジミュージック)でジャズピアニストとしてデビューすることが21日、わかった。米ニューヨークに単身渡りジャズを学んでいた大江は、自身が設立した音楽レーベル・PND Recordingsから7月31日にアルバムを全米発売。日本でのデビューは、自身52回目の誕生日となる9月6日。80〜90年代を中心に活躍したベテラン歌手が、“新人ジャズピアニスト”として再び大舞台に立つ。

 大江は1983年にデビュー。「格好悪いふられ方」、「十人十色」などのヒット曲を生み出し、多岐に渡る活動を行ってきたが、2008年にジャズピアニストを目指し単身ニューヨークへ。これまでのキャリアに区切りをつけ、一回り以上違う学生たちとともにジャズに向きあってきた大江が、沈黙を破り表舞台に登場する。

 本作は、大江らしいポップでメランコリックに富んだ内容になっており、渡米中に制作した全曲オリジナルで構成。日本盤にはボーナストラックが収録されるほか、NYの仲間たちと制作した「Boys Mature Slow」のミュージックビデオを収録したDVDも付属する。

 今秋には日本ツアーも予定されている。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について