真田広之、アメリカの新作ドラマ『リベンジ』に出演決定

ABCスタジオ制作の最新海外ドラマ『リベンジ』に出演することがわかった真田広之 [拡大する]

ABCスタジオ制作の最新海外ドラマ『リベンジ』に出演することがわかった真田広之

 俳優の真田広之(51)が米4大ネットワークのひとつ、ABCにて9月より放送が始まったばかりの新作ドラマ『リベンジ』に出演することがわかった。米TVドラマへの出演は、2010年に同じABCの大ヒットドラマ『LOST ファイナル・シーズン』以来となる。
 同作は、今年の目玉番組として登場したドラマシリーズで、ニューヨーク郊外の高級リゾート地ハンプトンを舞台に、謎めいた主人公エミリーが父親を、そして家族を崩壊させた者たちを追い詰めていく復讐劇。真田はエミリーの過去を知る謎の日本人投資家役で第9話から出演する。

 ドラマの継続が非常に難しく、シリーズ放送開始直後に制作キャンセルが発表されるのも珍しくない米国のテレビ業界にあって、同作は放送開始1ヶ月足らずで22話までの制作続行が決定。主演は米ドラマ『ブラザーズ&シスターズ』のエミリー・ヴァンキャンプ、映画『ラスト・オブ・モヒカン』でヒロインを演じたマデリン・ストウがメインキャストに名を連ねている。

 同作は2012年3月開局のディズニーの新BSチャンネル「Dlife」で日本初放送される。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について