高島彩、フジテレビ退社後初の他局出演で「違う自分を」

『WOWOW大開局祭』で案内役を務める高島彩アナウンサー  [拡大する]

『WOWOW大開局祭』で案内役を務める高島彩アナウンサー 

 フリーアナウンサーの高島彩(32)が、あす1日からフルハイビジョン3チャンネルとなる記念特番『WOWOW大開局祭』(1日前10:00〜2日後10:00 ※WOWOWで36時間無料放送)に案内役として出演する。昨年12月のフジテレビ退社以来、初の他局出演となり「新しい現場で新しい仲間と出会うと、違う自分を引き出してもらえそうな感じがして本番がすごく楽しみです!」と気持ち新たにしている。

 特番ではWOWOW開局イメージキャラクター・福山雅治による「福山雅治 36時間テレビスペシャル ライブサーキット『fighting pose』」をはじめ、音楽、スポーツ、映画などのスペシャルコンテンツを展開。その中でも高島は「桑田佳祐スペシャル『宮城ライブ〜明日へのマーチ!!〜』」の放送に注目、「桑田さんのことですから、とにかく会場を弾けさせて魂が叫ぶようなライブをしてくれるに違いないと思っています」と大きな期待を寄せる。

 同局史上最長となる36時間無料放送の顔に選ばれ「新しいチャンネルが生まれる瞬間に立ち会うことができるのが、すごく嬉しい」と高島。「27時間放送は経験しているのですが、それより長い36時間に是非挑戦したいと思いました。36時間放送は、自分への挑戦・自分との戦いになると思います」と気合十分。長時間番組は「脳内覚醒というかドーパミンがどんどん出てきて、テンションが上がる楽しさがあります」と新たな高島も見られそうだ。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について