Google、新サービスで中小企業を支援

Webサイト制作支援サービス『みんなのビジネスオンライン』を発表した会見の様子 [拡大する]

Webサイト制作支援サービス『みんなのビジネスオンライン』を発表した会見の様子

 Googleは13日、都内で会見を開き中小企業向けのWebサイト制作支援サービス『みんなのビジネスオンライン』を発表した。KDDIとKDDIウェブコミュニケーションズがパートナー企業として、中小企業基盤整備機構とITコーディネータ協会が連携団体として参画。中小企業や個人経営の店舗を対象に、自社のWebサイト開設を支援する。

 同サービスの最大の特徴は2つ。ひとつは運用費用(1年間)と独自ドメイン費用が“無料”なところ。これまでのグーグルのスタンス同様、まずはユーザーに無料で利用してもらい、収益はその後に回収していくモデルになっている。

 2つ目は最短15分でWebサイトが制作できるところ。Webサイト構築サービスには、KDDIウェブコミュニケーションズが提供する『Jimdo』を採用。あらかじめ14業種・84種類のテンプレートが用意されているため、パソコンに慣れていない人でも簡単にWebサイトの開設、内容の編集、追加が可能となった。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について