“なでしこ”澤選手ら4人が「東京都栄誉賞」受賞 「ロンドンでも金取る」

W杯優勝時さながらのゴールドシャワーで祝福された、澤穂希選手らなでしこメンバー (C)ORICON DD inc. [拡大する]

W杯優勝時さながらのゴールドシャワーで祝福された、澤穂希選手らなでしこメンバー (C)ORICON DD inc.

 FIFA女子W杯ドイツ大会で優勝したサッカー・日本女子代表“なでしこジャパン”のメンバーで、東京都出身または東京都のクラブに所属する澤穂希選手ら4人が『東京都栄誉賞・都民スポーツ賞』を受賞し17日、都庁・都民広場で行われた表彰式に出席した。2300人が詰め掛けるなか笑顔で登壇した澤選手は「この賞に恥のないよう、これからも頑張っていきたい」と喜び、9月から始まるロンドン五輪アジア最終予選に向けて「厳しい戦いになると思いますが、ロンドンでも金メダルが取れるように頑張ります」と熱い決意を語った。

 澤選手に続いて石原慎太郎都知事から表彰状を受け取った岩清水梓選手は「この賞に恥じぬよう、責任を持って日々精進していきたい」、丸山桂里奈選手は「たいへん光栄に思います。この賞を励みに頑張りたい」、岩渕真奈選手は「しっかり努力して、もっともっとうまくなれるように頑張りたい」とそれぞれ熱い意気込み。また、澤選手は石原都知事から「こういう“番長”ってのが日本に欲しいよね。あんた総理大臣やりなさいよ」と激励され、照れくさそうに微笑んだ。

 石原都知事は「日本は実力があるんだから、もっともっと大きな顔をしていなきゃいけない。男は頼りにならないから、せめて女の皆さん、頑張ってください。男代表としてのお願いです」と祝福。4人からサイン入りの公式球が贈られると、ファンサービスとして客席にボールを蹴り込んだが、すぐさま「ボール返してね」と笑わせた。その後はボールを掲げてW杯優勝時さながらのゴールドシャワーのなか、満足気に選手らと写真撮影に応じていた。

 府中市出身の澤選手には、ほかに『府中市市民栄誉賞』が授与された。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について