就職活動を表す漢字、1位は「楽」

 毎日コミュニケーションズが9日、2012年卒業予定の学生を対象に実施した「就職活動を表\す漢字一文字」調査の結果を発表。1位には、「(就職活動を)楽しめた」「(さまざまな出会いが)楽しかった」という理由から【楽】が選ばれた。この文字が1位に選ばれるのは、2009年以来3年ぶりとなる。

 厳しい新卒採用環境にやや回復の兆しが見え始めた2012年卒の就職活動だったが、東日本大震災で状況が一変。選考スケジュールの変更による長期化や、情報の不透明さなどが学生の不安に拍車を掛け、2位以下には「苦」(2位)、「迷」(3位)、「疲」(4位)、「難」(6位)など、厳しい就職活動状況を想像させる漢字が並んだ。

 また、就職活動の長期化を反映して、「長」(9位)が、2000年(2001年卒業予定者対象)の調査開始以来初のランクイン。その一方で、これまで上位にランクインしていた「動」がランク外(17位)になるなど、震災後は活動が滞り、二の足を踏む状態がしばらく続いたことも学生たちに大きく影響を与えているようだ。

【調査概要】
調査機関:株式会社 毎日コミュニケーションズ
調査内容:就職活動状況の定点調査
実施期間:2011年7月27日〜2011年7月31日まで
調査対象:2012年卒業予定の全国大学4年生及び大学院2年生
調査人数:789名
調査方法:インターネット調査(Web上のアンケートフォームより入力)


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について