新卒採用の現場、「ミスマッチに悩む」6割強

早期離職や内定辞退など・・・採用者側も大きな悩みを抱えた「新卒採用」 [拡大する]

早期離職や内定辞退など・・・採用者側も大きな悩みを抱えた「新卒採用」

 ライフネット生命保険が15日、新卒採用を実施する組織の採用関係者(有効回答1000人)を対象に行った『新卒採用関係者の意識調査』を発表した。新卒採用に関する悩みでは、採用関係者の64.0%が「ミスマッチに悩んでいる」という結果に。また「似通った人材ばかり採用になる」39.3%、「自社の採用方法が合理的でない」38.8%など、就活に励む学生たちと同様、採用側もまた頭を抱えている現状が浮き彫りとなった。

 自身の所属する組織の新卒採用にどのような悩みを持っているのかという設問で、最多回答が「早期離職など、ミスマッチに悩まされる」で、【非常にそう思う】と【ややそう思う】を合わせて64.0%。次いで「選考に費やせる時間が不足している」55.6%、「選考の途中辞退や内定辞退に悩まされる」52.3%がいずれも5割超えの同意率で並んだ。

 一方、組織の採用方式に対する不満として「採用方法が合理的でないと感じる」38.8%、「学生の時間を拘束しすぎている」23.0%となり、こちらも問題意識を抱えた人事の姿が伺えた。

≪調査概要≫
調査タイトル:新卒採用関係者の意識調査
調査対象:新卒採用を実施する組織の採用関係者(有効回答数1000)
調査期間: 2012年10月26日〜11月2日
調査方法:モバイルリサーチ(ネットエイジアリサーチのモバイルモニター会員対象)
調査地域:全国
実施機関:ネットエイジア株式会社

オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について

■禁無断複写転載
オリコン顧客満足度ランキングの著作権その他の権利は、株式会社oricon MEに帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。