第145回芥川賞は1年半ぶり「該当者なし」 直木賞は池井戸潤氏『下町ロケット』

第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏  [拡大する]

第145回直木賞を受賞した池井戸潤氏 

■候補作一覧

 日本文学振興会は14日、「第145回芥川賞・直木賞(平成23年度上半期)」の選考会を都内で開いた。芥川賞は第142回(2009年下半期)以来、1年半ぶりに該当者なし、直木賞は過去2回ノミネートされた池井戸潤氏『下町ロケット』が選出された。贈呈式は8月中旬、都内で行われる予定。

 池井戸氏は1963年岐阜県生まれ。慶大文学部・法学部卒業後、88年に旧三菱銀行(現三菱東京UFJ銀行)に入行。95年に独立したのちコンサルタント業などと並行して執筆活動に入り、98年『果つる底なき』で第44回江戸川乱歩賞を受賞。直木賞はこれまでに『空飛ぶタイヤ』と『鉄の骨』で、第136回、第142回の候補になっており、今回の受賞は“3度目の正直”となった。

 芥川賞・直木賞は昭和10年に制定。芥川賞は新聞・雑誌に発表された純文学短編作品、直木賞は新聞・雑誌、単行本で発表された短編および長編の大衆文芸作品が対象となる。芥川賞には宮本輝氏、村上龍氏ら10名、直木賞は浅田次郎氏や伊集院静氏ら9名が選考委員を務めた。

■第145回芥川賞・直木賞ノミネート作品

【芥川龍之介賞候補作品】
石田 千『あめりかむら』(新潮二月号)
戌井 昭人『ぴんぞろ』(群像六月号)
円城 塔『これはペンです』(新潮一月号)
水原 涼『甘露』(文學界六月号)
本谷 有希子『ぬるい毒』(新潮三月号)
山崎 ナオコーラ『ニキの屈辱』(文藝夏号)

【直木三十五賞候補作品】
池井戸 潤『下町ロケット』(小学館)
島本 理生『アンダスタンド・メイビー』(中央公論新社)
高野 和明『ジェノサイド』(角川書店)
辻村 深月『オーダーメイド殺人クラブ』(集英社)
葉室 麟『恋しぐれ』(文藝春秋)
(※平成二十三年度上半期 作者名・五十音順)






■禁無断複写転載
※無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、ブログ、携帯電話)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について