ブラマヨがラグビーファミリーに認定 “ド素人”吉田は「タックルしか知らない」

『ラグビーファミリー』に認定されたブラックマヨネーズの(左から)小杉竜一、吉田敬 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

『ラグビーファミリー』に認定されたブラックマヨネーズの(左から)小杉竜一、吉田敬 (C)ORICON DD inc. 

 お笑いコンビのブラックマヨネーズが日本ラグビーを応援する『ラグビーファミリー』に認定され22日、都内で行われた会見に出席した。ラグビー日本代表のジョン・カーワン監督から新ユニフォームを贈呈された小杉竜一は、高校3年間ラグビー部で汗を流したとし「感無量。16歳の頃の俺に言ったら、ショックで髪抜けてますね。ヒーハー!」と大感激。一方、ド素人の吉田敬は「タックルという単語しか知らないけど、ユニフォーム着たらタックルしたくなってきた。この感覚、どうかしてるぜ!」とガッツポーズした。

 今回の認定は、2人がラグビー情報番組『ラグマヨ』(日本テレビ系)で代表選手を応援していることが評価されたもの。小杉は「(ラグビーから)目標に向かって頑張ることを学んで、芸人としてここまでこれた」と語り「恩返しのチャンスなので、いままで培ってきた精神でラグビーを応援したい」と意気込み。吉田は「ユニフォームをベランダに干してたら、いい防犯対策になりますね」と語り、小杉の反感を買っていた。

 会見にはほかにラグビー日本代表の菊谷崇選手、畠山健介選手、吉田朋生選手も出席。偶然にも、吉田選手と同じ中学校出身だったことを知ったブラマヨの吉田は「まじですか!? すごいですね!」と驚きながらも「あの中学に吉田は2人もいらない。次の大会で活躍できなかったら、(名前を)“キチダ”にしてください」と要求した。

 今後2人は、今年9月に開催するラグビーワールドカップをはじめ、ラグビーに関するさまざま活動をPRしていく。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について