「寅さん、取りましたよ」浅丘ルリ子、芸能生活56年目で『旭日小綬章』受章

浅丘ルリ子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

浅丘ルリ子 (C)ORICON DD inc. 

 女優の浅丘ルリ子 (70)が、文化・芸能で顕著な功績をあげた者に授与される勲章『旭日小綬章』を受章し16日、都内で記者会見を行った。1955年に日活映画『緑はるかに』で銀幕デビューした浅丘は、芸能生活56年の幅広い活動が認められての受章に「真面目にコツコツやってきたことが認められたのかな。大変うれしゅう思います」と感激の面持ち。また自ら“転機”だという映画『男はつらいよ』シリーズで共演した故・渥美清 さんに向けても喜びを伝え、「寅さん、取りましたよ。と言いたい。寅さんに会いたいです」と思いの丈を口にした。

 受章の連絡を受け「亡くなりました両親と姉に『ありがとね』と申しました」と報告した浅丘は、三流クラブ歌手・リリーを演じ、マドンナとしてシリーズ最多となる4回の出演を果たした『男はつらいよ』シリーズで肩を並べた渥美さんを思い「渥美さんのような素晴らしい人は、世界であの人しかいない。誰にも真似できない人」と故人を称えた。

 同勲章は当初、春先での発表が予定されていたが、東日本大震災の影響で延期に。そのため、5月21日に逝去した60年来の友人・長門裕之 さんへの報告は間に合わなかった。弟の津川雅彦 とともに長門さんの自宅へすぐさま駆けつけたという浅丘は「私の愚痴からなんやらを言っていたら私より早く逝ってしまった。もうちょっと(発表が)早かったら、一緒に喜べたのに」と言葉を詰まらせながら「親しくしてきた人がいなくなってしまうのは残念。生まれてきたものだからしょうがないと思いますが…残念です」と早過ぎる死を悼んだ。

 「56年間のうち、休んだのは39度6分の熱が出た1日だけ。仕事だけは真面目にやってきて、周りの誰にも迷惑をかけてこなかった」と自負する浅丘は、56年の歩みを「長いような短いような時間」とし「みなさんのおかげで、ここまで来ることができました」と感謝。これまでに仕事を辞めたかったことは「一度もない。これしか私にはありませんから」と胸を張り、今後も「一つひとつ一生懸命にやらせていただきます。女優は私の“生きがい”。それしかないなぁ」と笑顔をこぼした。

 浅丘はこれまでに『第6回ゴールデンアロー大賞』(1968)、『キネマ旬報主演女優賞』(1975)など9個の賞を受賞し、今回が記念すべき10個目の受章となった。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について