織田裕二が「キターッ!」 サンテFX新CMに15年ぶり登場

目薬『サンテFX』のCMに15年ぶりに出演する織田裕二 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

目薬『サンテFX』のCMに15年ぶりに出演する織田裕二 (C)ORICON DD inc. 

 俳優・織田裕二(43)が、「キターッ!」のフレーズでおなじみの目薬『サンテFX』(参天製薬)の新CMキャラクターに15年ぶりに起用され15日、都内で行われた発表会に出席した。1991年の同商品発売から20周年を迎え、初代イメージキャラクターの織田が復活。初登場から実に20年ぶり、96年まで放送された同CMとしては15年ぶりの登場で、織田は「リングに上がるような気持ちで、過去の自分に負けないように『キターッ!』と言ってやろうと思いました」と意識したという。

 ピン芸人・山本高広のものまねでもおなじみの同フレーズ。今も残る強烈なインパクトで“キターッ!=サンテFX”のイメージを決定的にした織田は、今回の新CMでも20年前同様、サンテFXを目に一滴さし、強い清涼感を感じた後に訪れる爽快感を「キターッ!」という叫びで表現している。

 久しぶりのオファーは素直に「嬉しかった」といい、「サンテFXが20年経っても一線にいるというのもだし、当時関わったスタッフから声をかけられたときもまた嬉しかった」と格別だった様子。「CMでどうしてあんな力んで『キターッ!』と言ってるのか」を体感してほしいとアピールし、「日本がまだ大変なときですが、この目薬をさしてまた気合いを入れて、頑張っていきましょう」と呼びかけた。

 CM撮影時は「単純に楽しかったし、思いっきりできた。声が枯れましたが…」と苦笑い。「あんなに大声出すことはないので気持ちよかった」と充実感をみせ「商品立ち上げからご一緒して全部で8パターン撮ったんですが、新たに9パターン目が生まれました。皆さんがこのCMを観て、どんな顔されるのか本当に楽しみです」と21世紀の「キターッ!」に期待を込めた。

 6月25日からは主演映画『アンダルシア 女神の報復』が公開、8月27日からはTBS系『世界陸上』で8大会連続司会を担当。プライベートでは昨年8月に一般女性と結婚するなど、公私共に好調な織田は、1年を振り返り「キタな、という感じです」とニンマリ。注目される第1子については「まだこないですね。いつか来るでしょう」とかぶりを振っていた。

 サンテFXは『強い清涼感で目に爽快感を与える』というコンセプトの目薬として1991年に発売。織田が1996年まで初代CMキャラクターを務め、以降はJリーガーの川口能活、俳優の池内博之、藤木直人玉山鉄二松岡昌宏TOKIO)、岡田将生らCMキャラクターを務めてきた。新CM「Twenty」篇は18日(土)より全国で放送開始。

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について