松田翔太、金髪オールバックで新境地 映画『ハードロマンチッカー』に主演

役作りで髪型をオールバックにし、渋い金色に染め上げた主演の松田翔太  [拡大する]

役作りで髪型をオールバックにし、渋い金色に染め上げた主演の松田翔太 

 俳優の松田翔太が、グ・スーヨン監督の自伝的小説を映画化する『ハードロマンチッカー』(2012年公開)に主演し、在日韓国人二世の主人公・グーを演じる。翔太の亡き父・松田優作さんの出身地でもある山口県下関を舞台に、日常的に転がっている“行き場のない暴力”と向き合う若者の葛藤と未来を探る物語。自らのアイデアで髪の毛を渋い金色に染め上げ、髪型もオールバックにして撮影に臨む松田は「スーヨン監督の世界観に飛び込んで毎日を楽しんでいます。完成を楽しみにしていてください」と、さらなる飛躍を期す。

 人は誰もが、出自の環境を選ぶことはできない。だが、翔太扮するグーは国籍ではなく、自らの血、ルーツを基点に、自分の周りにある善悪を、自分自身で考えていく。そのプライドから生まれるエネルギーは、時に“暴力”という形で爆発する…。

 「やるんやったらやるぞぉ」とイキのいい“下関弁”が飛び交う現場。4月29日にクランクインした同作は、5月末までの予定で下関と福岡県北九州市小倉にてオールロケで撮影が進んでいる。翔太のほかにも、永山絢斗柄本時生渡部豪太川野直輝落合モトキ遠藤雄弥金子ノブアキ石垣佑磨遠藤要ら、旬の若手俳優たちが不良役で出演し、新しい一面を覗かせる。脇を固める出演者も、真木蔵人、渡辺大、芦名星真木よう子中村獅童、渡部篤郎、白竜、淡路恵子らそうそうたる顔ぶれがそろった。

 スーヨン監督は、TBCの「脱いでもすごいんです」などのCMディレクターとして名を馳せ、映画『偶然にも最悪な少年』『THE焼き肉MOVIEプルコギ』などでも知られる下関生まれの在日韓国人二世監督。出身地・下関を舞台に書いた処女小説を自ら映画化する。

 かつて、任侠映画、実録ヤクザ映画などのブームを巻き起こした東映が手がける同作は、リアルな暴力描写を伴う新路線の試金石にもなりそうだ。翔太は「この映画は東映らしいことを表現出来る作品だと思っています」と自信をのぞかせている。

◆映画ニュース 最新情報インタビュー

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について