常盤貴子、『生誕100年 岡本太郎展』に「爆笑!」

テープカットを行う常盤貴子 (C)ORICON DD inc.  [拡大する]

テープカットを行う常盤貴子 (C)ORICON DD inc. 

 女優の常盤貴子が7日、東京国立近代美術館で8日より開催される『生誕100年 岡本太郎展』の開会式に出席した。現在放送中のNHK土曜ドラマ『TAROの塔』(NHK総合)で太郎を支え続けた養女・岡本敏子役を演じている常盤は、ひと足早く展覧会を楽しみ「爆笑! わぁ〜おもしろい!ってすごくワクワクしました」と満面の笑み。「太郎さんの彫刻であったりとか、立体的な作品に惹かれていたんですけど、今回拝見させていただいて、ドラマの中でも効果的に出てくる有名作品の力強さを改めて感じました」と語った。

 「(岡本太郎のカラーである)赤が効いているんです」というモダンな和服姿で登場した常盤は、これまでは「(岡本太郎は)面白い芸術家の人というイメージしかなかった」と告白。しかし役作りのため芸術家・岡本太郎の生涯と遺した多くの作品を知った今は「太郎さんの作品は元気をくれる」と大絶賛。「すごくワクワクしました。太郎さんの作品は役作りのためにたくさん見せていただいたんですが、見たことがないものもいっぱいあって。構成も楽しかった」と展覧会を振り返った。

 東京国立近代美術館の『生誕100年 岡本太郎展』は3月8日から5月8日まで開催。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について