高島彩、サントリービールの顔に フリー転向後初のスポンサー契約

サントリービールのPR大使に起用された高島彩  [拡大する]

サントリービールのPR大使に起用された高島彩 

 昨年末をもってフジテレビを退社したフリーアナウンサーの高島彩が、サントリービールのPR大使に起用されることがわかった。あす18日に迎える32歳の誕生日を機に、フリー転向後初のスポンサー契約を結ぶ。ビール好きを公言する高島アナはこのほど同社ビール工場を見学に訪れ「ビールに対する愛情がさらに深まった」と満面の笑み。今後はCM出演など多方面でPRに努める。

 同局の“朝の顔”として約7年半メインキャスターを務めた『めざましテレビ』を卒業したアヤパンが、今度はサントリービールの顔になる。同社では今年1月より「天然水のビール工場からSUNTORY」という新たなキャッチフレーズとロゴマークを導入。「男女年齢を問わず広い層のお客さまから愛され、同時に真面目に真摯な目で、弊社ビール事業について語っていただける方」として高島アナを“ビール事業の伝道師”に決めた。

 今回の起用は「とても光栄です」という高島アナは「今後たくさんの情報を皆さんに伝えていきたいと思っていますので、楽しみにしていてください」と意気込みを寄せている。高島アナは今年1月1日より、同局OGの八木亜希子アナと小島奈津子アナ、昨年移籍した滝川クリステルらが所属する芸能事務所フォニックスに所属。オリコンによる『好きな女性アナウンサーランキング』では第1回から5連覇し殿堂入りしている。

⇒ そのほか人気のアナウンサーの情報をチェック!

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について