映画『もしドラ』の前田敦子がタイガースをマネジメントしたら

(写真左より)川口春奈、池松壮亮、前田敦子、瀬戸康史、峯岸みなみ、田中誠監督  [拡大する]

(写真左より)川口春奈、池松壮亮、前田敦子、瀬戸康史、峯岸みなみ、田中誠監督 

 AKB48前田敦子が4日夕方、大阪・TOHOシネマズ梅田で主演映画『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの「マネジメント」を読んだら』(田中誠監督)の初日舞台あいさつに登場した。低迷する阪神タイガースへのアドバイスを求められ、「まずは皆さんの気持ちを分かち合うことが大切なので、選手一人一人と面談する」とチームの改革案を提言。「まずは“こんにちは”とあいさつするところから始めたい」と笑顔で語った。

 前田をはじめ主要キャストは同日昼に東京・TOHOシネマズ六本木で同様の舞台あいさつを行った後、新幹線で大阪に移動する日帰り弾丸ツアーを敢行。前田は「まるで修学旅行のような気分でやって参りました。青春って本当にいいな!と改めて思うことができました」とノリノリだったが、瀬戸康史は「前田さんたちは制服(セーラー服)なのでいいですけど、僕と池松君は野球のユニフォーム姿なので、かなり目立って恥ずかしかった」と照れた。

 劇中で前田を叩くシーンがあった池松壮亮は「この作品で僕は前田敦子を殴りました。本当にすいません」とまずはファンに謝罪し、笑い声と「バカヤロー」という声が沸き起こる中、「互いの役者魂をぶつけていい演技ができたと思います。僕は世界を敵に回すつもりでやったので、もしそれでも納得できないという方がいらっしゃいましたら、後日個別にお話をさせていただきます」とさらに大きな笑いを誘って、場を盛り上げた。

 AKB48の峯岸みなみは「女優としてこのような華やかな舞台に立つことができて嬉しい」、川口春奈は「私はこの映画を通して、真摯にひたむきに何事も誠実に取り組むことの大切さを学びました」などと、それぞれに初日を迎えた喜びを語っていた。

CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について