柳楽優弥、25Kg減量姿を公開

TBSドラマ『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』で死刑囚を演じる柳楽優弥 (C)TBS  [拡大する]

TBSドラマ『LADY〜最後の犯罪プロファイル〜』で死刑囚を演じる柳楽優弥 (C)TBS 

 女優・北川景子 が主演する本格ミステリードラマ『LADY 〜最後の犯罪プロファイル〜』(金曜・後10時〜 TBS系)に、俳優の柳楽優弥が “IQ140”の知能を持った死刑囚としてゲスト出演する。17歳で初めての殺人を犯し、以降7人を殺害した凶悪殺人犯・巽聡史に扮する柳楽は、今年でデビュー7年目。2004年の映画『誰も知らない』以降、陰のある役が多かったが、本格ミステリーは初挑戦となる。バナナダイエットを成功させ、体重をわずか2ヶ月で25kg減量したという報道通り、劇中では精悍な表情を披露している。

 映画デビュー作がカンヌ国際映画祭において史上最年少及び日本人として初の最優秀主演男優賞を獲得した柳楽は、当時中学生。その後、堅調に俳優活動を続けたが08年には自宅で倒れ救急車で搬送されるなど、不安定な時期もあった。その後も映画を主軸に活動を続けるが、周囲から注目されたのは7年前から大きく変化した体型。10年1月に女優の豊田エリーと結婚、10月に第一子となる女児も誕生と、父となり家族を得た柳楽にとって、ダイエットの成功を自信の1つとし、今年は俳優としての確固たるポジションを築いていく、大切な1年となりそうだ。

 警視庁捜査一課に新設された犯罪行動分析室を舞台に、犯罪の痕跡から犯罪者の行動や心理を分析し犯人を追いつめていく同作。北川演じる主人公・香月翔子らが、殺人犯の心理面を深く知る捜査資料の1つとして、すでに死刑が確定している巽聡史にコンタクトをとるが、逆に巽が香月たちを翻弄していくという設定。第4話(28日放送)・5話(2月4日放送)の2週に渡り登場する。デビュー当時から変わらない鋭い目つきと、孤独を抱えた独自の存在感でドラマを盛り上げる。



◆関連ニュース ドラマTBS

タグ
CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について