変わるビジネスホテル、高級志向と女性支持が満足度の条件に

■その他の写真ニュースはこちら

 「目に見えないサービスを可視化する」をコンセプトに2006年より発表している『オリコン顧客満足度ランキング』から、今年で3回目となる『ビジネスホテル部門』のランキングが発表された。総合首位には、「コストパフォーマンス」「利便性の良さ」「客室の清潔度」など13項目全てでTOP3にランクインした『リッチモンドホテル』が2年連続で選ばれた。

 ビジネスホテルは、シティーホテルなどに比べ低価格で宿泊できることから、多くのビジネスマンが出張などの際に利用している。ここ数年、ビジネスホテルでは、不況の影響もあり「宿泊費用」を重要視するユーザーが多く、常に「価格競争」が求められていた。しかし、最近のビジネスホテルは「宿泊費用の競争」から「サービス内容の競争」へと変わってきている。

 今回の結果では、項目別満足度評価で「客室の清潔度」や「付帯サービスの良さ(食事・アメニティーなど)」で高い評価を得たビジネスホテルが総合ランキングでも高い評価を受けており、高級感に高い満足度を示す傾向であることがわかった。また『女性(満足度)部門』で上位にランクインしたビジネスホテルが、総合ランキングでもTOP3にランクインするなど、女性にとって嬉しいサービスを提供しているホテルが高い評価を得ている。近年、女性の発信力が取り上げられているが、ビジネスホテルにおいてもそれが伺える結果となった。

 駅近にあり、利便性が高く、コストパフォーマンスやサービス内容でも満足度が向上しているビジネスホテル。あなたも、出張や旅行の際に利用してみてはいかがだろう。

■2011年度版 顧客満足度の高いビジネスホテルランキングはこちら

【調査概要】
調査時期:2010年7月10日(土)〜7月11日(日)
調査対象:過去1年以内にビジネスホテルを利用したことがある、20歳以上の男女
調査回答者数(有効回答者数):3,090人
調査地域:全国


CS編集部 Facebook オリコン日本顧客満足度ランキングの調査方法について